一人旅中年の旅日記

30代後半から一人旅を始めた中年孤男の旅の記録

旅に出たきっかけ

最初の旅の記録は、2013年9月からの旅になります。

 
冒頭にも書いた様に、旅の記録は、少し前の話になってしまうので、記憶が薄れていたり、今とは状況が変わっている部分もあると思いますが、当時のメモと写真を頼りに記憶を辿って書き始めようと思います。
 
そして、これから始まる旅をそもそもなぜ始めたのかについてです。
 
大学を卒業し10年以上経過し、それまで社会人として自分なりに一生懸命働いて来ました。取り立てた不満もなく、ごく普通に生活し、それなりの人生をおくってきたと思います。
そんな時人生の転機となるある大きな出来事が起き、色々と深く考えることになりました。
大きな出来事とは病気です。
子供の頃から殆ど休むことのない健康な体、それだけは自身がありましたが、社会人になってからのお酒を中心とした不摂生がたたり、35歳を過ぎて大きな病気を患ってしまいました。
その入院生活の中で、仕事も大事だけどめちゃくちゃに頑張らない生き方、少しゆとりを持った生き方、競争とか気にせずにのんびりと穏やかに生きる生き方もいいかなと考えるようになったのです。
 
そこで、退院したら何か楽しいことをしようと考えた時に、元々海外に興味があったこともあり、これまで中々休みが取れず行くことが出来なかった海外へ、一人旅で行ってみようと決意したのです。
 
これをきっかけに、私はこの後多くの旅に出かけることになるのでした。