一人旅中年の旅日記

30代後半から一人旅を始めた中年孤男の旅の記録

突然ですが、遡ります。

2001年3月の話

 

今回ロンドン行きが決まったのですが、実は、海外旅行へ行くのは、これが二度目となります。

 

私の初海外旅行は、2001年3月になります。
行き先はローマとパリ、偶然にもその時も一人旅でチケットはHISでの手配だった。
その時旅の締めにルーブル美術館へ行くつもりだったけど、ストで観ることが出来ず、いつかリベンジしたいと思っていた。
なので今回ロンドンとエジンバラに加えてユーロスターを手配してパリと近場のベルギーにも行くことにした
 
更に追加
 
行程はこれで決まる筈だったが、旅人のブログを読んでいるとベルギーにブルージュという港町があることを知った。
何人か行った人の情報を見てみたが、みんな良い評価をつけている。
そしてこの街は魔女の宅急便の街のモデルのひとつだと書いてあった。
さらにロンドンとパリからもユーロスターブリュッセルを経由すれば比較的簡単に行ける。
これは行くしかない、と衝動的に決め4都市目が決まった。
 
旅立つ前にやったこと①
 
まずはホテルの予約、これはExpediaを使って予約した。
今でこそ、このExpediaに加えて、ホテルズドットコムなどの予約サイトを使うことは当たり前にやっているんだけど、当時の私にはちゃんと取れているのかなどの不安も大きく、結構ハードルが高かったことを覚えている。
見知らぬ外国に行ってホテル取れていなかったら泣けますからね、、、
 
口コミを参考に値段も気にしながら最後は直感で予約
次にやったことはユーロスターのチケットの予約、これはレイルヨーロッパというサイトで予約し、出発前にチケットが家に届いた。
 
最後は今回の目的の一つであるプレミアリーグ観戦のためのチケット手配、これが中々難しかった。
日本の代理店を通して高いお金を出せば比較的簡単に手に入るようだったがそれはしたくなかった。
なので色々探し、取りやすいチーム等、試行錯誤した結果フルハムの会員になることにし、チケットを定価で入手することが出来た。
家にチケットが届いたのが出発数日前だったので少し焦ったが、無事手配完了!
外国からの郵便物を受け取ったのも初めてだったので少し感動した。
 
旅立つ前にやったこと②
 
久しぶりに海外に行く事を決めた6月頃から十数年ぶりに英語を勉強し始めた。
勉強といってもやったのは、YouTubeで、吉田ちかさんのバイリンガール英会話を観る事と、Podcastでマイケル&マミのバイリンガルニュースを聴くこと、ただそれだけです。
このふたつは頻度は下がりましたが、今も続いています。
フランス語に関しては初めから諦めて、「おはよう」、「ありがとう」等の超基本単語の暗記と、旅の会話集を買いそれで対応することにしました。
 
旅立つ前にやったこと③
 
それは、旅行に行く前に旅人が必ずやること、両替をしました。
本当は色々とお得な方法があるのでしょうが、私は郵便局でしました。
今ならしない方法ですね、汗
今回はポンドとユーロが必要だったので、たしかポンド3万円分、ユーロ2万円分くらいを両替したと思います。
 
それから情報収集の過程で国際キャッシュカードなる物があると知り、新生銀行のカードを作りました。
これも直前に申し込んだので、届いたのが出発ギリギリだったと思います。
この時作ったカードは日本でも使えるし、今でも役に立っています。